お盆とお彼岸

「お盆」や「お彼岸」の頃になると祖先をおまつりし、お墓参りに行くことが恒例となっています。 いずれも仏教行事として考えられています。

 「お盆」について

お盆は、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。 インドの言葉の一つ、サンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊り)を漢字で音写したものです。 これが転じて「逆さまに吊り下げられるような苦しみに遭っている人を救う法要」という意味があります。このことから、「お盆」と呼ぶようになりました。 「お盆」は、七月十三日が盆の入りで「迎え火」。十五日が「盆」。十六日が「送り火」となっています。
また「お盆」はもともと旧暦の七月十五日であったことから、新暦にあてはめて八月十五日を「お盆」とするところも多いようです。
この時期は全国各地で、「お盆」にちなんで郷土色豊かな行事が催されます。

 お盆の準備方法について

1:ご先祖様が家に帰ってくるので、お仏壇をお掃除して綺麗にします。
2:お仏壇の前(または別の部屋)に精霊棚(しょうりょうだな、盆棚)を飾ります。
お盆とお彼岸3:精霊棚に、真菰(まこも)のゴザを敷いて、ナスやキュウリで作った精霊馬(しょうりょううま)等を飾ります。
4:精霊棚の上に、お位牌(全員分)、お膳、お供え物、花瓶、小灯籠を飾ります。
    (地域により異なります)
5:精霊棚の前には経机などを置き、焼香道具(火立、香炉など)を置きます。
6:精霊棚の両脇には、お花、盆提灯を飾り、前に御前座布団を置きます。

※真菰(まこも)
真菰で編んだゴザは、仏教でお釈迦様が病人を寝かせて治療したという説話もあって、古くから神事や仏事に用いられています。

※精霊馬
キュウリの馬は、ご先祖様をお迎えする際に、馬に乗って早くお越しください、という意味があり、ナスの牛は牛に乗ってゆっくりお帰り下さい、という名残惜しい気持ちが表されています。

上記は一般的なお盆の飾り方となります。


 お彼岸について

春彼岸、秋彼岸は、国民の祝日となる春分の日、秋分の日を中日としています。春分の日は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」、秋分の日は「先祖を敬い、亡くなった人を偲ぶ」として制定されています。この春分の日を中日に前後3日間を春彼岸、秋分の日を中日に前後3日間を秋彼岸といい、彼岸の日には家族そろってお墓参りをするのが慣習となっています。
お彼岸はお盆と同じく、仏教行事となりますが、お彼岸は日本特有の行事で、仏教各宗派では「彼岸会」と称して、先祖供養の法要が行われます。
それぞれの初日を「彼岸入り」終日を「彼岸あけ」といい、春分の日、秋分の日を「お中日」と言います。

またお彼岸には、お盆と異なり、決まった飾り付け等をする必要はありませんが、家庭ではお仏壇を掃除し、花や季節の果物、ぼたもち、おはぎ等を供え、ご先祖様の供養をします。
春のお彼岸には「ぼたもち」、秋のお彼岸には「おはぎ」を仏壇に、お供えします。
「ぼたもち」「おはぎ」は、牡丹と萩という季節のお花に由来して名前がつけられたようです。
おはぎ

このように、お彼岸の期間に仏壇を掃除し、ご先祖様のお墓参りをし、日頃の報告や感謝をする習慣は大切にして行きたい日本の文化です。


「はかどこ.com」にてご相談を承っておりますので、お問い合わせフォームまたはフリーダイヤルにてお気軽にお問い合わせください。
また、宗派や地域性の違い等で表現に誤りがありましたら、ご連絡いただけましたら幸いです。

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド