納骨の方法

日本では、亡くなられた方を火葬したあとに骨壷に骨を納めます。
そしてしばらくの間、仏壇や祭壇などに安置し、その後、お墓や納骨堂などに納めることを「納骨」と言います。 お墓がある場合は、四十九日や一周忌などの法要に合わせて行います。 お墓がない場合でも一周忌を目安にお墓を用意し納骨することが多くなっています。
お墓を新しく準備される場合などは、49日にこだわらず、お彼岸や初盆、
1周忌などに合わせて納骨されることが多いようです。

 納骨当日までの流れ

1:日程を決めます。

  納骨を行う日程を決めます。法事・法要などの儀式と合わせて行うこと
      が多くなっています。お寺に連絡して、納骨の法要をお願いできる日を
      ピックアップします。この時に、お寺のご住職様と日程や手順について、
      しっかりとお話し合いすることが大切です。

2:石材店に連絡をします。

  石材店(霊園)に、新しく納骨される仏様の戒名等を彫刻してもらうよ
  う、依頼しましょう。

3:納骨場所、納骨方法を決めます。

  故人の意志や宗教に合わせ、菩提寺の墓地や、霊園納骨堂への納骨を
  選びます。

4:必要な許可証を確認します。

  納骨には、埋葬許可証が必要です。 死亡届を出すと、市町村役場から
  「火葬許可証」「埋葬許可証」等の許可証が発行されます。
  納骨には、埋葬許可証を持参しなくてはなりません。事前に書類をチェッ
  クしておきましょう。

5:お寺、寺社等に連絡をします。

    納骨の予約の電話をし、その際にもう一度必要な準備についても確認して
    おきましょう。

6:納骨に参列される方に、連絡をします。

  一般的に、納骨は亡くなられた方の家族や兄弟、親しい友人など、少数で
  行うことが多いようです。

7:納骨の当日の準備をします。

  納骨の日が近づいてきたら、お寺様に確認して、お花やお供物(果物やお
  酒など)、線香やろうそくなどを準備します。また地域によって違いはあ
  りますが、納骨法要後のお斎(会食)をされることが多いようです。

 当日の準備内容

 事前の準備として、忘れものがないかをしっかりと確認して下さい。
 1:仏様のご遺骨
 2:火葬許可証(埋葬許可証)
 3:墓地の利用許可書(お寺の墓地や地域の墓地では不要な場合もあります)
 4:印鑑(認印)
 5:お数珠
 6:お供物(お花、果物、線香、ろうそく等 )
 7:お布施(お車代、お斎料も)

 当日の服装は、新しく納骨される仏様のご家族は出来るだけ喪服で出席します。

 納骨法要の流れ

 1:当日、法要が始まる前にお墓に行き、お墓を丁寧にお掃除します。
   もし納骨の当日、ご自宅やお寺にて読経し、お墓へ移動する場合は、
   石材店に協力を依頼するのが良いでしょう。
 2:掃除が終わったら、お供物を供えたり、お花を生けたりします。
 3:準備が終わったら、ご住職様のお経が始まり、流れに沿ってひとりずつ
   焼香して、納骨法要が終了します。

※納骨の方法については、一般的な内容を掲載しております。
「はかどこ.com」にてご相談を承っておりますので、お問い合わせフォーム
またはフリーダイヤルにてお気軽にお問い合わせください。
また、宗派や地域性の違い等で表現に誤りがありましたら、
ご連絡いただけますと幸いです。

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド