お寺

  • 行事・イベント
  • 修行体験
  • 尼カフェ
  • お寺巡り
  • 宗派について
  • 教室

お寺

  • お墓選び
  • 納骨の方法
  • お墓参りの手順
  • お墓の引越し方法
  • お盆とお彼岸
  • 家紋
  • お墓のリフォーム

お寺

  • 石材の種類
  • お墓デザイン

トップ >  > 安隠寺(曹洞宗)

安隠寺(曹洞宗)

特徴

安穏寺の創建は天平年間(757~65)、鑑真和上の高弟が開山したのが始まりと伝えられています。応安2年(1369)周辺を支配していた結城家8代直光が源翁禅師を招いて曹洞宗に改宗開山、禅師は4年間住職を勤めた後、九尾のキツネが変化した殺生石(栃木県那須温泉)を退治したと言われています。
境内には天保12年(1841)に建てられた本堂と至徳2年(1385)に建てられた楼門形式の山門などがあり、特に山門の下を通るとキツネつきが治るという言い伝えがあります。 寺宝には室町時代に制作された払子(源翁和尚所持)と数珠(源翁和尚の愛用品)がありそれぞれ茨城県指定重要文化財に指定されています。


寺院概要

寺院名 安隠寺(曹洞宗)
宗派 曹洞宗
住所 茨城県結城市結城1725

ページトップに戻る


墓地詳細

墓地形態 寺院墓地
区画の空状況 ご案内しています。お問い合わせください。

ページトップに戻る


交通のご案内


ページトップに戻る

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド