お寺

  • 行事・イベント
  • 修行体験
  • 尼カフェ
  • お寺巡り
  • 宗派について
  • 教室

お寺

  • お墓選び
  • 納骨の方法
  • お墓参りの手順
  • お墓の引越し方法
  • お盆とお彼岸
  • 家紋
  • お墓のリフォーム

お寺

  • 石材の種類
  • お墓デザイン

トップ >  > 築地本願寺 和田堀廟所

築地本願寺 和田堀廟所

特徴

元和三年(1617)、創建当時は浅草近くの横山町に、第12代宗主(門主)准如上人によって、京都西本願寺の別院として建立されました。その後、築地に移転されます浄土真宗本願寺派寺院の築地本願寺和田堀廟所は、築地本願寺の廟所です。大正12年9月1日の関東大震災によって、築地本願寺は、寺中57の子院と共に焼失しましたが、陸軍省火薬庫跡から払下げられた当地に近代的公園墓地として作られました。和田堀廟所は歌人九條武子夫人や伊東巳代治・藤原銀次郎・水谷八重子・古賀政男、作家樋口一葉女史をはじめとする著名な文化人の墓所としても有名で、それらの方々を偲んで多くの参拝者が来所されています。そして、春には名所となった桜並木を彩るソメイヨシノが満開に咲きほこり、参拝する人々の心を和ませています。聖徳太子の御作とされる阿弥陀如来は登録有形文化財に指定されています。


寺院概要

寺院名 築地本願寺 和田堀廟所
宗派 浄土真宗
住所 東京都杉並区永福1-8-1
施設情報 休憩所完備。伝道会館、門信徒会館有。
ポイント 大規模葬儀可能

ページトップに戻る


墓地詳細

墓地形態 寺院墓地
総面積 約12,000坪
施設について 駐車場50台
永代使用料 約200万円~
年間管理用料 ㎡=1,800円

ページトップに戻る


交通のご案内

お車でのアクセス

国道20号線(甲州街道)、明大和泉校舎隣、首都高速下り永福出口より2つ目の信号をUターンしてください。

電車・バスでのアクセス

京王線井の頭線 明大前から徒歩10分


ページトップに戻る

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド