お墓のデザイン

   

お墓のデザインは日本古来の五輪塔や和型墓石がよく知られるところですが、現代ではその墓地の特色によってさまざまなものが見られます。


 和型 一般墓石

お釈迦様の仏舎利塔を原型としています。江戸時代から使われている伝統的なタイプです。一般的には、棹石(さおいし)、上台、中台に芝台という4段の構造の地下に遺骨を収納するカロートと呼ばれるスペースがあります。

標準型

各地域でよく使用される最もポピュラーでな墓石です。すっきりとした基本となる形です。

スリン付石碑

座布団を敷いた形です。

蓮華付石碑

彼岸の世界を表した形です。

神道型石碑

神道の方の石碑で、棹石が通常和型墓石より長く、一般的には棹石の正面に「○○家奥津城」(おくつき)と字を彫ります。戦争で亡くなった方もこの石碑で供養されている場合が多いです。

 納骨堂型外柵(丘カロート型)

遺骨を収納するカロートを地上に設置し、その上に墓石を据え付ける形となります。高さが一段と高くなりますが、面積を有効に利用したくさん安置できる利点もあります。

 特殊 和型墓石 五輪塔

平安時代から江戸時代まで、最も多く建てられた仏塔と言われます。現代においても、墓石そのものとしての建立、 または先祖を供養するために墓石と並べて建立する場合もあります。宇宙を構成する「地・水・火・風・空」の5つの要素の梵字を刻みます。
また、浄土宗・浄土真宗では「南無阿弥陀佛」、日蓮宗では「南無妙法蓮華経」
また、禅宗では「空風火水地」と刻む場合もあります。
(※なお、浄土真宗では、五輪塔は建てないことが通常です。)

 宝篋印塔(ほうきょういんとう)

鎌倉時代から盛んに作られるようになりました。宝篋印塔の元は中国から伝わったと言われています。古くは極楽往生、成仏、苦しみの救済、 目的達成の祈願の石塔でもあったこの宝篋印塔は、現在供養塔として作られることが多くなりました。


 洋型墓石

横に広がった形をとります。オルガン型やストレート型、プレート型などあります。和型墓石に比べ、石材の種類に幅が出て、 造りも高さが低く視界が開けることで明るい雰囲気が出ることから人気が出てきました。故人の好きな言葉などを刻むことが多いようです。 上から少し角度を付け加工されたオルガン型、名前通り垂直に加工されたストレート型が一般的です。これらを基本形として曲線美や彫刻、
素材の色や加工の仕方で趣きが変わります。プレート型は芝生墓地で自然との一体感が感じられます。

『美墓』デザイン
21世紀のデザイン墓『美墓』㈱幻冬舎刊

オルガン型(例)

ストレート型(例)

プレート型(例)

色々なデザイン洋型墓石をご覧になりたい方はこちらをクリック下さい。

 オリジナルデザイン墓石

既成の形にとらわれないで、自由な発想でデザインされたオリジナルのお墓です。寺院墓地よりは、市営霊園や民間霊園に多くみられます。

『美墓』デザイン
21世紀のデザイン墓『美墓』㈱幻冬舎刊

 彫刻

立体彫
(彫り込んで立体的に加工する方法)

影彫り
(表面を傷つけて陰影で表現する加工方法)

象嵌
(他の石を埋め込み加工する方法)

 お墓の周りの小物

お墓を建てるときに周りに置く小物には、次のようなものがあります。

灯篭

お墓の入り口などの左右両側、あるいは片側に建てます。
墓前灯篭(外柵の中に立てるタイプの灯篭)や置灯篭(柱の上に置くタイプ)などがあります。

地蔵尊

お地蔵のことで弱い立場の人々を最優先で救済する菩薩のことです。
丸彫りや舟形のものがあります。

丸彫り地蔵

立体的に彫刻された仏像の事です。

舟形地蔵

半立体的に彫刻され背面が船の舳先の形に似せられて造られています。

墓相地蔵

墓相を考えて作成されたもので半立体的に彫刻されています。

花立

お供えの花を入れます。


香炉

お線香を供えるためのものです。角型、宮型、経机型などがあります。

水鉢

水をお供えします。

供物台

お供物を供える台です。

物置台

手荷物を置いたり、腰かけるための台です。
収納型もあります。

塔婆立

塔婆を支えるためのものです。使わない宗派もあります。

墓誌(法名板)

故人の戒名や没年月日などを彫刻するための石碑です。

 

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド