お寺

  • 行事・イベント
  • 修行体験
  • 尼カフェ
  • お寺巡り
  • 宗派について
  • 教室

お寺

  • お墓選び
  • 納骨の方法
  • お墓参りの手順
  • お墓の引越し方法
  • お盆とお彼岸
  • 家紋
  • お墓のリフォーム

お寺

  • 石材の種類
  • お墓デザイン

教室/仏像彫刻

トップページへ戻る

神奈川県 最乗寺 仏像を彫る教室

大雄山最乗寺

大雄山最乗寺は、曹洞宗に属し全国に4千余りの門流をもつ寺である。
御本尊は釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)、脇侍仏(わきじぶつ)として文殊、普賢の両菩薩を奉安し、日夜国土安穏(こくどあんのん)万民富楽を祈ると共に、真人打出の修行専門道場である。
開創以来6百年の歴史をもつ関東の霊場として知られ、境内山林130町歩、老杉茂り霊気は満山に漲り、堂塔は30余棟に及ぶ。

最乗寺の縁起

開山了庵慧明禅師(りょうあんえみょうぜんじ)は、相模国大住郡糟谷(さがみのくにおおすみごおりかすや)の庄(現在伊勢原市)に生まれ、藤原姓である。
長じて地頭の職に在ったが、戦国乱世の虚しさを感じ、鎌倉不聞禅師(ふもんぜんじ)に就いて出家、能登總持寺(そうじじ)の峨山禅師(がさんぜんじ)に参じ更に丹波(兵庫県三田市)永沢寺通幻禅師(ようたくじつうげんぜんじ)の大法を相続した。
その後永沢寺、近江總寧寺(おおみそうねいじ)、越前龍泉寺(えちぜんりゅうせんじ)、能登妙高庵寺(のとみょうこうあんじ)、通幻禅師の後席すべてをうけて住持し、大本山總持寺に輪住する。50才半ばにして相模国に帰り、曽我の里に竺圡庵(ちくどあん)を結んだ。そのある日、1羽の大鷲が禅師の袈裟をつかんで足柄の山中に飛び大松(袈裟掛けの松)の枝に掛ける奇瑞を現じた。その啓示によってこの山中に大寺を建立、大雄山最乗寺と号した。應永元年(1394年)3月10日のことである

仏像を彫る教室
大雄山最乗寺では、道了尊のご霊木を使って「仏像を彫る教室」を開講しています。指導は、仏師小清水頂山先生にお願いし、基礎から完成まで教授して頂けます。 初心者の方も大歓迎との事ですので、この機会に初めてみては如何でしょうか。静かな自然の中でコツコツとノミを使う心境は、しばし仏の世界となるでしょう。

日程: 毎月第2・第4土曜日 2月は22日のみの開催となります。 
参加費:入会金(材料費込)5,000円
     教室参加費          1,000円 
完成した仏像は、仏像開眼供養いたします(特別祈祷による)
彫具の貸出は致しませんので必要な方は13,000円にて販売しています。
当日ご用意頂く物:鉛筆(4B)・消しゴム・マジック・コンパス・L字金尺(1辺30cm位のもの)

お問い合わせ、お申し込みは:
住所:〒250-0127 神奈川県南足柄市大雄町1157 大雄山最乗寺
担当:大雄山最乗寺総受付(知客寮)
係   :橘、山根
電話:0465-(74)-3121

ホームページ:http://www.daiyuuzan.or.jp/event/info.html

Saijoji temple Daiyuzan
The temple belongs to Sodo-sect, and has over 4,000 schools in the whole country. The temple enshrined idols of the temple (two Bodhisattva) i.e. Wisdom(Monjyu) and Mercy(Fugen) as Shakamunibutsu and Wakijibutsu(statues of Buddha), and pray for National peace, and wealth and happiness of people, also has a special training room of ascetic practices to become a fine character.  The temple is well known as Hallowed ground in Kanto plain over 600 years after establishment,  forest area in precinct is 130 chos(2.4acres/cho),  and has over 130 halls and towers.

The history of Saijoji temple
Founder priest - Ryoane Myozenji was a village headman and a born in  Sagaminokuni Ohsumigorikazuya, and family name was Fujiwara.  After he became a lord after grown up, he felt hollow against the warring state period, so he became a priest to follow priest Kamakura Fumon Zenji.  Then he participated in priest Gazanzenji of Sojiji temple, and succeeded a magnificent code from a priest - Yotaku Jitsu Genzenji of Nagasawa tera temple in Sanda-city, Hyogo-prefecture.  Then he became a chief priest under a rotation system of Head temple Sojiji, Nagasawa temple, Ohmi Soneiji temple, Echizen Ryusenji temple, and Noto Myokoanji temple, succeeded to the seats of priest Yotaku Zenji. Then he returned Sagamino kuni in his mid 50years old, and built a hermitage - Chikudo in Soga village. One of those days, there's aberration, a big eagle caught priest's robe and dived into the Ashigara mountains and hanged that robe on the branch of pine tree.    Due to that revelation, he established the big temple, and named Dai Yuzan Saijoji temple.  That was on March 10th of first year of Ouei era(1934).

The class for carving image of Buddha
The temple offers class for carving image of Buddha used a holy tree of priest - Doryoson.  Instructor is Koshimizuyama Chozan, and he instruct from basics to completion.  The class welcomes beginners, so why don't you take part in? The frame of mind to use chisel in quiet surroundings, will be a world of Buddha.

Address: 〒250-0127 1157 Daiyu-cho, Minami-Ashigawa-city, Kanagawa-pref.
 
If you have any in English, please call: 0120-122-112(toll free) of Hakadoko.com/


前に戻る

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド