お寺

  • 行事・イベント
  • 修行体験
  • 尼カフェ
  • お寺巡り
  • 宗派について
  • 教室

お寺

  • お墓選び
  • 納骨の方法
  • お墓参りの手順
  • お墓の引越し方法
  • お盆とお彼岸
  • 家紋
  • お墓のリフォーム

お寺

  • 石材の種類
  • お墓デザイン

お寺巡り/祈願

トップページへ戻る

東京都 稲荷鬼王神社 新宿山ノ手七福神巡り

稲荷鬼王神社 恵比寿神

稲荷鬼王神社の概要
稲荷鬼王神社は、戸塚諏訪神社境内の福瑳稲荷を承応2年(1653)に勧請したといい、天保3年(1832)に当地の百姓田中清右衛門が熊野から勧請した鬼王権現をと合祀して稲荷鬼王神社となったといいます。境内の恵比寿神社(三島神社)は、新宿山ノ七福神の恵比寿神となっています。

稲荷鬼王神社の由緒
稲荷鬼王神社は、戸塚諏訪神社境内の福瑳稲荷を承応2年(1653)に勧請したといい、天保3年(1832)に当地の百姓田中清右衛門が熊野から勧請した鬼王権現をと合祀して稲荷鬼王神社となったといいます。

新宿区の文化財による稲荷鬼王神社の由緒
もとは承応2年(1653)に戸塚の諏訪神社境内の福瑳稲荷を勧請したもので、天保3年(1832)に当地の百姓田中清右衛門が熊野から勧請した鬼王権現と合祀した神社である。
江戸時代から豆腐をそなえれば、湿疹・腫物に特効があるとされた。
邪鬼の頭上に手水鉢をのせた珍しい水鉢は、文政年間(1818-30)、毎夜水を浴びる音がするので持主が刀で切りつけたところ、その後家人に災難が相次いだため、天保4年(1833)鬼王神社に奉納されたという。
また、昭和五年に造られた富士塚が残っているが、昭和43年の社殿再建の際、二分してしまった。建碑には谷(○に谷)講とあり、西向天神社の富士塚と同系の講中である。もとは稲荷鬼王神社の氏子中を中心に活動していたが、現在は全く活動していない。(新宿区の文化財より)

鬼王神社の水鉢
文政年間(1818-1829)の頃制作されたもので、うずくまった姿の鬼の頭上に水鉢を乗せた珍しい様式で、区内に存在する水鉢の中でも特筆すべきものである。
水鉢の左脇には、区内の旗本屋敷にまつわる伝説を記した石碑があり、これによると、
「この水鉢は文政の頃より加賀美某の邸内にあったが、毎夜井戸で水を浴びるような音がするので、ある夜刀で切りつけた。その後家人に病災が頻繁に起こったので、天保年間(1833)当社に寄進された。
台石の鬼の肩辺にはその時の刀の痕跡が残っている。・・・」とある。
この水鉢は、高さ1m余、安山岩でできている。(新宿区教育委員会掲示より)

善国寺 毘沙門天
経王寺 大黒天

法善寺 寿老人

抜弁天厳島神社 弁財天

永福寺 福禄寿


掲載情報は提携サイト「猫のあしあと」から転載しております。

住所:東京都新宿区歌舞伎町2-17-5

The Seven Gods of fortune Shinjuku Yamanote tour in Inari Kioh shrine

The Antarctic old people - Jyuraujin enshrined at Inari Kioh shrine

The outlines of Inari Kioh shrine
They say the shrine enshrined the splitted soul of Fukusa Inari in the temple's precincts. The farmer Tanaka Kiyoemon invited the splitted soul of Kioh Gongen from Kumano, and combined that soul with the one of Fukusa Inari to become Inari Kioh shrine.

Address: 17-5, Kabuki-cho, 2-chome, Shinjuku-ku, Tokyo

If you have any in English, please call : 0120-122-112 (toll free) of Hakadoko.com/


前に戻る

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド