お寺

  • 行事・イベント
  • 修行体験
  • 尼カフェ
  • お寺巡り
  • 宗派について
  • 教室

お寺

  • お墓選び
  • 納骨の方法
  • お墓参りの手順
  • お墓の引越し方法
  • お盆とお彼岸
  • 家紋
  • お墓のリフォーム

お寺

  • 石材の種類
  • お墓デザイン

お寺巡り/文化財

トップページへ戻る

長野県 平福寺 観音堂

長尾山 平福寺 高野山真言宗

平福寺の縁起
長尾山平福寺は、高野山真言宗の寺である。創建は、寺伝によると長徳年間(995-99)である。その後、この地で勢力を広げた西牧氏の庇護を受け、住吉庄一帯の霊場となった。室町末期戦国の世になると戦火に見舞われ堂宇を焼失したが、天正三年(1575)武田勝頼によって再興された。
江戸期には松本藩主の祈願寺として厚く信仰され、藩主が祈願に訪れるとともに、歴代の住職が松本城に登城して祈祷をつとめている。 また、「長尾のお観音様」として人々に広く親しまれ嘉永二年(1849)のご開帳には、松本平一帯から大勢の人々が参詣した。末寺として泉光寺(南小倉)法輪寺(氷室)日光寺(下鳥羽)観音寺(田多寺)長松寺(南大妻)少林寺(上堀金)の六か寺をもっていた。

このころの境内は4万5999坪(やく5ヘクタール)の広大な広さで「松・杉・桧などの大木が茂り昼なお暗く、林の中を吹き渡る爽やかな風は、煩わしいことを忘れさせ、まるで仙境にいるようだ」といわれ、本堂・客殿・庫裏・山門・仁王門・経蔵・鐘楼・納屋・隠居家など、多くの建物が立ち並んでいた。この多くの建物は、明治五年(1872)廃物毀釈により観音堂を残して処分され廃寺となったが、同十八年(1885)観音堂を中心に再興された。
その後、現在見られるような堂宇、建物等が建立され境内が整れられてきた。昭和五十二年(1977)には、木造聖観音菩薩立像が県宝に指定されている。

観音堂 安曇野市指定文化財
入母屋造、銅板葺、桁行(けたゆき) 〔間口/三間〕 梁間(はりま) 〔奥行/四間〕、回廊付 1700年代の建築
住所:長野県安曇野市三郷温4372
電話:0263-77-2425


前に戻る

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド