お寺

  • 行事・イベント
  • 修行体験
  • 尼カフェ
  • お寺巡り
  • 宗派について
  • 教室

お寺

  • お墓選び
  • 納骨の方法
  • お墓参りの手順
  • お墓の引越し方法
  • お盆とお彼岸
  • 家紋
  • お墓のリフォーム

お寺

  • 石材の種類
  • お墓デザイン

お寺巡り/文化財

トップページへ戻る

国宝 瑞巌寺

瑞巌寺は正式名称を「松島青龍山瑞巌円福禅寺」といい、臨済宗妙心寺派のお寺です。

開創は平安の初め天長5年(828年)比叡山延暦寺第三代座主慈覚大師円仁が淳和天皇の詔勅を奉じ、3000の学生・堂衆とともに松島に来て寺を建立しました。この寺は延暦寺と比肩すべき意を持って延福寺と命名され、平泉・藤原氏の外護を受けました。

藤原氏滅亡の後は鎌倉幕府が替わって大檀越となりました。北条政子は当時学徳一世に高かった見仏上人に仏舎利を寄進し、夫の菩提を弔わせています。その仏舎利・寄進状は今に伝わっております。

この天台宗延福寺は鎌倉時代中期、開創以来28代約400年の歴史をもって滅しました。
法身禅師が開山とされ、天台宗延福寺にとって替わった寺は円福寺と命名されましたが、正確な開創年はわかっておりません。
歴代住持の経営努力によってその勢力を岩手県南部にまで伸長してき、寺格も五山十刹に次ぐ諸山の高位にありました。しかし、戦国時代を経て次第に衰退し、妙心寺派に属するようになりました。
慶長5年(1600年)関ヶ原の戦いが終了した後、仙台に治府を定めた伊達政宗は、仙台城の造営と併せて神社仏閣の造営も行い、塩竃神社・仙台大崎八幡宮・陸奥国分寺薬師堂を相次いで完成させました。
当寺の造営は特に心血を注いだ事業でした。用材を紀州(和歌山県)熊野山中から伐り出し、海上を筏に組んで運びました。大工は梅村彦左衛門家次一家や、刑部(鶴)左衛門国次ら名工130名を招き寄せております。工事は慶長9年(1604年)、政宗自ら縄張りを行って始まりました。丸4年の歳月をかけ、慶長14年(1609年に)完成しております。
伊達家の厚い庇護を受け、瑞巌寺は90余りの末寺を有し、領内随一の規模格式を誇りました。

重要文化財のご紹介
本堂修理期間中は、国宝庫裡及び陽徳院(政宗公正室愛姫)御霊屋を公開いたします。本堂・中門・御成門は大修理により非公開となります。

●本堂  <国宝> 平成28年3月より本堂の公開を予定しています。
南東に面し、正面39.0m、奥行き25.2m
入母屋造・平屋・本瓦葺。慶長14年(1609)完成。
内部は禅宗方丈様式に武家邸宅の書院を加えた10室間取で、東・南・西三方に上縁・下縁を巡らしております。南西端に御成玄関が付属しております。

●庫裏(くり) <国宝>
禅宗寺院の台所。正面13.78m、奥行23.64m。大屋根の上にさらに煙出しが載っている。本来実用本位の建物に唐草や花肘木の彫刻が施されたことに、政宗公の美意識が窺える。昭和34年国宝指定。

●御成門・中門と太鼓塀(たいこべい)<国重要文化財指定>
御成門は入母屋造本瓦葺の薬医門。中門は切妻造、こけら葺きの四脚門。
扁額「瑞嵓円福禅寺」は当山100世洞水東初の筆によるものです。

●伊達政宗甲胄像(だてまさむねかっちゅうぞう)<宮城県文化財指定>
政宗公十七回忌にあたり、正室陽徳院が1652年に制作させたもので、公27歳、朝鮮出兵時の雄姿を再現した等身大の木像です。政宗の遺言により、両眼が備わっています。

●臥龍梅(がりゅうばい)<県指定天然記念物>
政宗が文禄2年(1593年)、豊臣秀吉の命で朝鮮に出兵した折、かぶとを植木鉢にして持ち帰りました。
慶長14年(1609)、当寺落慶の時に政宗公自ら手植えしております。
中門より入って左が白、右が紅。その姿が臥せた龍に似ていることから臥龍梅と名付けられました。
紅白ともに八重咲きで、実は5・6個ずつ鈴なりにつきます。花期は4月中旬頃。

住所:宮城県宮城郡松島町松島字町内91番地
Tel:022-354-2023
交通手段:仙石線JR松島駅より徒歩5分
ホームページ:http://www.zuiganji.or.jp/index.html
写真:瑞厳寺


前に戻る

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド