お寺

  • 行事・イベント
  • 修行体験
  • 尼カフェ
  • お寺巡り
  • 宗派について
  • 教室

お寺

  • お墓選び
  • 納骨の方法
  • お墓参りの手順
  • お墓の引越し方法
  • お盆とお彼岸
  • 家紋
  • お墓のリフォーム

お寺

  • 石材の種類
  • お墓デザイン

お寺巡り/季節特集・庭園

トップページへ戻る

金地院

金地院は臨済宗の総本山南禅寺の塔頭の一つで、足利義持によって創建されました。方丈は、慶長16年(1611年)に崇伝が伏見桃山城の一部を徳川家光から賜り、移築したものといわれます。内部は狩野探幽・狩野尚信の襖絵で飾られ、重要文化財です。

また、金地院庭園は鶴亀の庭が特別名勝なっています。崇伝が徳川家光のために作らせ、作庭には小堀遠州が当たりました。遠州作と伝えられる庭は多いのですが、資料が残っている唯一の例です。桃山時代の風格を備えた江戸初期の代表的枯山水庭園として趣きのある庭園です。

拝観・開館時間    午前8時半~午後5時

料金  一般 団体割引
大人  400円 350円
大学生 400円 350円
高校生 300円 250円
中学生 200円 150円
小人  200円 150円

住所
〒606-8435 京都府京都市左京区南禅寺福地町86−12
tel : 075-771-3511

交通手段
地下鉄東西線 蹴上下車 徒歩約5分市バス 永観堂前下車 徒歩約10分
車椅子による見学              可(境内、庭園)


前に戻る

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド