お寺

  • 行事・イベント
  • 修行体験
  • 尼カフェ
  • お寺巡り
  • 宗派について
  • 教室

お寺

  • お墓選び
  • 納骨の方法
  • お墓参りの手順
  • お墓の引越し方法
  • お盆とお彼岸
  • 家紋
  • お墓のリフォーム

お寺

  • 石材の種類
  • お墓デザイン

行事・イベント/年中行事

トップページへ戻る

3月 深大寺 厄除元三大師大祭

深大寺 天台宗別格本山浮岳山昌楽院

深大寺の縁起
『縁起』によれば、深大寺を開いた満功上人(まんくうしょうにん)の父、福満(ふくまん)が、郷長右近(さとおさうこん)の娘と恋仲となりましたが、右近夫妻はこれを悲しみ、娘を湖水中の島にかくまってしまいます。時に福満は玄奘三蔵(げんじょうさんぞう)の故事を思い浮べ、深沙大王(じんじゃだいおう) に祈願して、霊亀の背に乗ってかの島に渡ることが出来たのです。娘の父母もこの奇瑞を知って二人の仲を許し、やがて生まれたのが満功上人であったと伝えています。
長じて満功上人は、父福満の宿願を果すために出家し、南都に法相(ほっそう)を学び、帰郷後、この地に一宇(いちう)を建て深沙大王を祀りました。時に天平五年(七三三)、これが深大寺開創の伝説であります。

深大寺 厄除元三大師大祭

厄除元三大師大祭 だるま市について
深大寺の諸行事中、最大の行事が「厄除元三大師大祭」です。例年、深大寺山門の紅梅白梅が見ごろを迎える3月3日、4日の両日にわたり執行され、朝から元三大師様のご霊験を崇める10万人余の人々が、押し寄せるように境内を埋め、元三大師堂では諸願成就の大護摩供が終日厳修されます。江戸時代の文献には、参詣者が「近郊近在より群参す」と記されているほど、深大寺の元三大師大祭は歴史と伝統のある行事です。

元三大師様のご霊験は今でも多くの人々に篤く信仰されています。また、これにあわせて境内では大師様のご威力にあやかる縁起だるま市も開かれます。「日本三大だるま市」の1つとして、また東京に春を呼ぶ深大寺のだるま市としてその知名度は全国的です。寺の境内は大小約300余の縁起だるま店が威勢のいい掛け声でだるまを売り、それを買い求める参詣者で身動きがとれないほどになります。
厄除元三大師大祭のクライマックスは、3日、4日のそれぞれ午後2時より執行される「お練り行列」、ならびに「元三大師御影供(がんざんだいしみえく)」の厳修です。雅楽衆を先頭に、いなせな木遣り衆、裃に統一した講中とともに御影供出仕の袍裳金襴七条袈裟に身を包んだ高僧が境内を進む煌びやかなお練り行列は圧巻で、まさに平安絵巻さながらの優雅さであり、大祭中最大の見せ場です。「御影供」とは、大師像の掛け軸(御影)に、香、華、灯明、諸々の供物を供え、報恩の誠を捧げる天台宗に伝わる伝統法要です。深大寺のそれは、百味講という江戸時代から続く講中により大師様の宝前に供物が奉献されるなど大規模に執行され、比叡山以外では滅多に聞くことのできない天台宗に古くから伝わる御影供の聲明が、雅楽の調べとともに厳かに唱えられます。

日程:平成26年3月3日、4日

お問い合わせ先は:
住所:〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-15-1
電話:042-486-5511

ホームページ:http://www.jindaiji.or.jp/

Jindaiji temple (Tendai sect special head temple Fugakuzan Syourakuin)

The history of Jindaiji temple
Fukuman, a father of holy priest Manku who established the temple, felt in love with a daughter of chief of the village - Ukon. However, Mr.and Mrs Ukon were unhappy that affair and  hid thier daughter in th island of lake.  Then Fukuman remembered historical fact of Genjyou Sanzou to pray for Great-Jinjya, and rode on the back of a holy turtle to land on that island.  A holy priest Manku became a preist to make his father's dream, and studied Hosso School in Nanto.  After returned the home town, Rev. Manku built a house and enshrined The Jinjya-Daio . It was in 5th year of Tenpei era (733)It's a legend for the establishment of Jindaiji temple.

The big festival for the Great Teacher - Yakuyoke Ganzan at Jindaiji temple
The big festival for the Great Teacher - Yakuyoke Ganzan is the biggest event of the temple's various events.  The festival will be taken place on March, 03rd through 04th annually around Red and white Japanese apricot blossoms are at their best  at the temple gate of the temple.  Over 100,000 people who respect of the Spirit of the Great Teacher - Yakuyoke Ganzan, flood into the pricincts.  And a holy fire memorial service is held solemnly at the hall of the Great teacher - Ganzan to make dreams come true whole  day. In a old book of Edo period, mentioned that visitors flooded into from here and there, the temple's big festival for the Great Teacher - Yakuyoke Ganzan is historical and traditional event.

Schedule: March 03rd through 04th, 2014

Address:〒182-0017  15-1, Jindaiji-motomachi, 5-chome, Chofu-city, Tokyo

If you have any in English, please call:0120-122-112(toll free) of Hakadoko.com/


前に戻る

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド