お寺

  • 行事・イベント
  • 修行体験
  • 尼カフェ
  • お寺巡り
  • 宗派について
  • 教室

お寺

  • お墓選び
  • 納骨の方法
  • お墓参りの手順
  • お墓の引越し方法
  • お盆とお彼岸
  • 家紋
  • お墓のリフォーム

お寺

  • 石材の種類
  • お墓デザイン

行事・イベント/その他

トップページへ戻る

寳蓮寺 南画の会

寶蓮寺 東林山華蔵院

寶蓮寺のフルネームは「東林山・華蔵院・寶蓮寺」です。
真言宗智山派に属し、今から約700余年前、第94代後二条天皇の時代である嘉元元年(1303年)に俊鑁法印によって創建されました。その後、昭和20年3月10日の東京大空襲で伽藍は全て焼失しましたが、檀信徒の皆様の篤い信援に支えられて、昭和39年11月に本堂を再建し、昭和55年12月に客殿・庫裡が竣工されました。
現在の住職、晋怜は第35世になります。 
年間を通じた様々な行事と、ユニークなお稽古の会を催し、縁深い壇信徒と地域住民の皆様がお寺を訪れる機会を作っています。
お稽古の会
寶蓮寺と皆さんをつなぐ、定期的に行われている活動です。
新しい縁をつなげたい方、新しい趣味を見つけたい方など、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。初心者の方でも安心してご参加いただけます。多くの方々に楽しい集いの場として、「お稽古の会」を活用していただければ幸いです。

南画の会   
水墨画の中でも剛直で力強い北宋画ではなく、自由で柔らかな南宋画の教室です。動植物から風景(山水)まで様々な作品を描くことができます。暑中見舞いや年賀状、はし袋など、日常生活にも役立ちます。

開催日:第3月曜日 午前10時~12時 
講師:書壇院会員 髙橋扶見先生 
月謝 三千円。
ご質問やお申し込みはお気軽に寶蓮寺まで問い合わせ下さい。


前に戻る

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド