墓地選び

お墓は昔から「遺体や遺骨を収蔵する施設」として、昔から故人を埋葬し先祖を祀って来ました。一般的和型や洋型など形式は多種多様になり、自分らしさを表現するデザイン墓も人気があります。「お墓参り」を通して、故人とのコミュニケーションの場、家族の絆を確認できる場として、大きな役割を持って現在に至っています。

 墓地の種類

<寺院墓地>
 寺院墓地はお寺の境内にある墓地のことをいいます。その宗派の檀家となる
 事で、代々に亘り手厚く祀っていただけることができ、法要や行事を通して、
 お寺さんと近くなることができます。

【特徴】
 1. 寺院の檀家になる事で、墓地はお寺さんの管理になり安心がある。
 2. 子孫がいない場合にも永代供養の相談ができる。
 3. 日々の読経にて供養がなされる。
 4. 法要や仏事に関して安心して相談ができる。

<公営霊園>
 公営霊園は都道府県や市町村などの自治体が運営している霊園墓地をいい
 ます。永代使用料や管理費が安く人気があります。

【特徴】
 1. 自治体が運営しているため経営や管理体制が安定している。
 2. 宗旨宗派を問わずに使用できる。
 3. 石材店を自由に選ぶことができる。
 4. 永代使用料・管理費が比較的安い。
 5. ご遺骨の有無、居住地などの利用条件がある。

<民間霊園>
 公益法人や宗教法人が主体となって許可された霊園墓地をいいます。
 宗教法人を経営母 体として、宗旨宗派不問ぼ墓地として特徴も幅広く、
 指定石材店制度を取っている場合が多く見られます。

【特徴】
 1. 利用者の資格制限がなく、宗旨宗派不問の場合が多い。
 2. 霊園の施設や、墓地について利用者側のニーズに対応させるべく
   作られている。
 3. 墓石のデザイン、区画の使用について相談できる場合が多い。
 4. ご遺骨がない場合の生前の利用申し込みも受付ける。


 墓地の選び方について

 「宗教的な条件」
 お寺の境内に作られた墓地は檀家専用となっている場合がほとんどです。
 信仰を持ちお寺のご住職様や他の檀家さんとの交流を通してコミュニティを
 作り、行事やイベントなどを楽しむ事が最近では多くみられます。一方、公
 営霊園の場合は宗教的な条件は自由で、無信仰でも構いません。財団法人や
 宗教法人が管理運営をする民営霊園も宗旨宗派不問の所もあります。
 なお、寺院墓地においても必ずしも特定の宗教に属さなくてはならないとも
 限りません。

 「交通面」
  新たにお墓を建てるなら、やはり自宅から行きやすい所にお墓があると気軽
 にお参りできるとよいでしょう。また、最寄り駅やバス停が近くにあるとい
 った公共的な交通ルートのアクセスの良さも大切です。

 「環境や設備面」
 まず、土地の造成がきちんとなされているか、環境は日当たりも良く、風通
 しが良い、水はけが良いかなどをチェックすると良いでしょう。また、施設
 面では休憩所や法要施設の有無、バリアフリーであるかどうかなども必要に
 応じて考えてみると良いでしょう。

 「費用面」
 お墓を建てるために使用する土地の権利を「永代使用権」といい、永代使用
 料を納めることで半永久的に使用することができます。また、主に年額で表
 示される管理費は、共用部分の維持・運営管理(参道整備、水道設備、駐車
 場、緑地、墓地清掃など)の用途に使用されます。費用は区画の大きさに準
 じて決められるようです。

 墓地選びでチェックしておきたいポイント

  1.    宗教的な条件がクリアになっている。
  2.    車・電車・バス(送迎)などの交通の便がよい。
  3.    お盆やお彼岸でも混雑が少ない。
  4.    墓地の雰囲気や自然環境がよい。
  5.    墓所の陽当たりや自然環境がよい。
  6.    管理や清掃の体制がしっかりしている。
  7.    駐車場や休憩所などの施設が整っている。
  8.    車椅子にも対応するなどのバリアフリー仕様である。
  9.    既存の墓石の状態がよい。
  10.  永代使用料などの価格が妥当である。



※納骨の方法については、一般的な内容を掲載しております。
「はかどこ.com」にてご相談を承っておりますので、お問い合わせフォーム
またはフリーダイヤルにてお気軽にお問い合わせください。
また、宗派や地域性の違い等で表現に誤りがありましたら、
ご連絡いただけますと幸いです。

ページトップへ

ライフデザイン研究所

自社媒体

  • いずみ産業HP
  • 安心石材店の会
  • ストーンワールド